• ?
    雙旦拿”福袋“ 報名有驚喜---未名天日語寒假班
    北京未名天日語培訓學校2014年12月n1n2考前沖刺班
    撥打電話圖標 400-6602-400 ×
    學日語
    ??課程分類
    在線報名



    ??校區分布
    電話: 010-62760081
    手機: 15901531168
    北京市海淀區知春路泛亞大廈4層401室
    免費日語學習寶典
    您的位置:首頁>日語學習> 日語讀解>【天聲人語】(07.23)輻射劑量 弄虛造假(中日雙語)

    ?【天聲人語】(07.23)輻射劑量 弄虛造假(中日雙語)

    作者:未名天日語培訓學校 來源:未名天日語 時間:2012-07-23 ?
    分享到:

    ▼英語のカバーは「見せかけ」の意味でも使われる。覆という漢字にも「包み隠す」の含意がある。原発事故の後始末で、これらを地でいく「被曝(ひばく)隠し」が発覚した。収束作業に攜わる建設會社の役員が、線量計を鉛のカバーで覆い、被曝線量を低く裝うよう作業員に指示していた 。
    ▼英語的cover也作為“裝飾”的意思使用。覆這一漢字中也有“包藏”的含意。在核電站泄漏事故的善后處理問題上,發現了確有將以上這些個用法付諸實施的“隱瞞核反應”情況。參與善后處理作業的建筑公司管理人員曾命令作業人員用鉛罩覆蓋住輻射計量器,造成核反應射線計量不高的假象。
    ▼彼らは、法定の被曝量に達するとしばらく働けない?,F場を仕切る役員は、渋る作業員をこう説得したという?!缸苑证亲苑证尉€量守んないと、1年間原発で生活していけない」。5人ほどが手製カバーをつけて働いたらしい 。
    ▼一旦核反應劑量達到規定指標,他們就不能再工作。據說,負責現場隔離的管理人員是這樣說服心里犯嘀咕的作業人員的,“自己把握不住自己所能承受的射線劑量得話,就不能一年里一直生活在核電站”。應該有5人是在安裝了自制覆蓋罩的情況下工作的。
    ▼福島の作業環境は、命がけという意味で戦場だ。線量のごまかしは、10発の敵弾を浴びた兵士に、「5発ということにして戦い続けてくれ」と言うに等しい。流れた血は戻らないのに 。
    ▼從不顧性命這一層意思上來說,福島的作業現場就是一個戰場。在射線劑量上造假,等于就是面對著被10發敵彈擊中的戰士說,“你就權當中了5發,繼續戰斗!”盡管流淌出來的血是無法再返回血管去的。
    ▼高線量の現場は「金になる」といわれる。作業員が線量を使い果たせば人手を欠き、せっかくの仕事が逃げると案じたか。愚かしい話である。守るべきは命であり、線量計や會社ではない 。
    ▼人們都說,高劑量射線的現場是一個“賺錢”的地方。不知道是不是擔心,如果作業人員用盡了(所能承受的)射線劑量就會造成人手短缺,豈不就放跑了難得的工作機會了嗎?這真是愚蠢透頂的說法。應該保護的是生命,而不是射線計量器以及公司。
    ▼だが、この役員を責めても始まらない。あけすけな不正の根底には、下請けの弱い立場があるからだ。これまでに放射線を浴びた2萬數千人の多くは、東京電力の社員ではない。無理や不都合を下へ、外へと押しやる悪習が変わらぬ限り、安全は守れまい 。
    ▼然而,即便是處罰這個管理人員也解決不了問題。因為在這顯而易見的違規的根底還有弱小的承包者存在。此前曾遭受核輻射的2萬數千人中的大部分都不是東京電力公司的職員。難辦的以及不合適的事都往下推,往外推,只要這種惡習不改變,安全就得不到保證。
    ▼現場の苦闘は、40年かかるという廃爐まで続く。作業員たちが、いたずらに命を削ることなく暮らせるよう、危険に見合う待遇が必須である。事故以來、この國は彼らの頑張りに守られているのだから。
    ▼現場的艱苦工作將要持續到號稱耗時40年的廢堆為止,為了讓作業人員正常生活,不至于因為這些超限而減少壽命,與此危險相對應的待遇是必不可少的。因為,自從核泄漏事故發生以來,我們這個國家就是由他們在保護著。

    本日語學習資料來源于網絡,經未名天編輯,如有侵權請聯系未名天日語編輯。


    》推薦文章

    【天聲人語】(07.22)盛夏酷暑 純白為佳(中日雙語)
    【天聲人語】(07.21)如此政治 國民寒心(中日雙語)
    【天聲人語】(07.20)動物園長 駕鶴西行(中日雙語)
    【天聲人語】(07.19)海溝之上 不堪重負(中日雙語)
    【天聲人語】(07.18)土用丑日 今非昔比(中日雙語)
    【天聲人語】(07.17)人之直感 揭示本質(中日雙語)
     

    ? 北京快乐8计划